おこづかい制にしたら育児がうまくいった話




今息子は4歳なんですが、我が家はおこずかい制にしています。土曜日曜で、1日110円ずつもらえるルールにしています。というのも、おこずかい制にする前は、休みの度にガチャガチャとかフィギュア入りの入浴剤を欲しがって、買ってあげてたわけです。
 
でもそれらって1個300円とかするわけです。今の時代、ガチャガチャも200~300円するんです!僕が子どもの頃は全部100円だったのに。大人は安月給で、貧困化が叫ばれているのに、ガチャガチャは3~4倍になっている!(# ゚Д゚)
 
土曜に1個、日曜に1個買ってあげたら、1週間に600円もおこずかいをあげてるのと同じことになります。4歳児に。ひえ~。。しかもお休みの日は一日一個玩具を買ってもらえることが、息子の中で当たり前のことになってるんですよ。だから買ってもらうことに対してありがたみもない。
 
妻とこれってどうなんだろうって話になったんです。ちょっとあげすぎだよねって。息子にとっても良くないし、自分達としても出費が痛い。
 
そこで試しに土曜に110円、日曜に110円、おこづかいであげるということにしたんです。本人用の財布も作ってあげて。(100円でなくて110円にしたのは、消費税に対応するためですww)
 
これがうまくハマったんです。
 
ガチャガチャやりたいって息子が言っても「今はおこづかい100円しかないから、できないね。明日になったら200円になるから、明日ならできるね」とか言えるんですよ。これが言えると、ただ「我慢するのも大切だよ」と伝えるよりも、説得力が出てきますよね。そうすると息子も4歳ながらなんとなく見通しが立って、結構納得してくれるんです。
 
だんだんおこづかいシステムが本人なりにわかってくると、「今日我慢すれば明日ドライブヘッドのガチャできる?じゃあ今日我慢する!」とか自分から言うようになったんですよ。成長ですよね。当日になれば「今日ドライブヘッドできる?よっしゃーっ!!」って、おもちゃを買えることに対していっぱい喜ぶようになったんです。
 
子どもにとっても100円で買えるものと、300円で買えるものの違いとか、お金の大切さが自然と身につくので、おこづかい制は良いと思います。親も出費がかさまなくてよいですよww
 
 
参考記事
「お小遣いをあげることで、お金に対する免疫をつける」というのはなるほどと思いました。
 




コメントを残す