ハイハイの頃って家の外で赤ちゃんと行く場所があまりないんですよね。キッズスペースとかいっても、2~5歳くらいの子が走り回ってて結構危ないんですよ。 
 
息子がまだ赤ちゃんだった頃、僕はよく近所のリラックス館(いわゆる子育てサロンのようなところかと)に行っていました。市がやっているところなので、もちろん無料で利用できます。僕がいっていた所は常に職員がいるところだったので、週末に利用するだけでもすぐに覚えてもらえましたよ。保育園もまだ行っていない時期だったので、息子が他の赤ちゃんと絡んだりするのが面白いんですよ。
 
子育てサロンって、行ってみるとお父さんがほとんどいないんですよね。お母さんが子どもを連れてきているのがほとんどでした。僕は週末に行くだけでしたが、それでもすぐに職員さんに顏を覚えてもらえたのは、お父さんが来ることが珍しいからなんだと思います。きっとお父さんは仕事で休みも少なくて育児に関わり辛い状況があるのだと思う。もっともっとこういう場にお父さんが増えてくると良いなと思います。
 
お父さんがあまりいないのは残念ではありましたが、周りは女性だらけでも僕はかなり楽しんでいましたね。息子やほかの子達との交流を楽しんだり、お母さん達と喋ったり。
 
で、こういうころにお父さんが赤ちゃんを連れていくと、それだけで周囲の方々は僕に好印象を持ってくれるんですよね。オムツを替えただけで、イクメンとか言って褒められちゃいますww こんな簡単に人に褒めてもらえるなんてないです。子ども連れてくだけですから。
 
「うちのダンナはそうじゃない」「何にもやんない」なんて愚痴(?)も聞いたり。
僕はそのころ子どもに関わる仕事もしていたので、僕が子ども達と遊んで、お母さん達は輪になって談笑しているなんて場面もありました。
 
また、こういうところにお父さんが赤ちゃんを連れて2人でお出かけするというのは、お母さんに1人の時間を作ってあげるという意味で凄くおススメです。1人の時間をプレゼントしてあげると、奥さんきっと喜ぶと思いますよ。最初から赤ちゃんと二人だけで行くのはハードルが高いと思うので、最初は奥さんもいる状態でいって、勝手がわかったら奥さん抜きで行くのが良いと思います。
 
僕が息子と子育て支援館に行っている間、妻は何をやっててもいいんです。寝ててもいいし、掃除してもいいし、美容室に行ってもいい。
 
リラックス館に行く時は思いっきりお父さんを楽しんで。
子どもをそういうところに1人で連れてくお父さんはカッコいいよ!
 
参考サイト
ベネッセ教育情報サイト「子育てサロンとは?対象年齢や気になる内容をご紹介」
 
 




コメントを残す