共同通信
 北海道内の児童養護施設で2013年8月から14年3月にかけ、男性職員(当時)が女児3人に性的虐待を繰り返していたことが4日、道への取材で分かった。女児1人の後見人が損害賠償を求めて道を提訴。16年3月、道と施設を運営する社会福祉法人がそれぞれ200万円を支払うなどの条件で和解した。
 児童養護施設には、保護者不在などの事情で、家庭で生活できない子どもが入所。道によると、男性職員は消灯後の居室に侵入し女児2人の胸や下半身を触ったほか、他の女児1人と施設内で複数回にわたって性交渉を持った。
 女児が別の職員に相談して発覚し男性職員は14年4月に懲戒解雇となった。
 
 
 
 
性的虐待の多くは見知らぬ人からではなく、知っている人から暴行されています。
知らないおじさんに気を付けるよりも、良く知っている人に気を付けた方が良いです。それは家族だったり、先生だったり、コーチだったり。大人なら上司や同僚、デートの相手とか。
 
どのように気を付けるのか、何かされそうにった時に何ができるのか。 
それは「いやって言う」、「逃げる」、「話す」です。
 
CAP でやってます。
 
 
 
 
被害者の方、勇気を出してよく大人に相談してくれました。
 
話してくれてありがとう。
君は何にも悪くない。
 
 
 
 




コメントを残す