息子は4歳の夏には補助輪なしで自転車に乗れるようになりました。
その理由はランニングバイク。最近では子どもが当たり前の様に乗っていますが、これ本当にイイです!

ランニングバイクとは、ペダルなしの自転車のこと。
ストライダーが一番有名な感じがします。
我が家が息子に買ったのはD-BIKE。

D-BIKE はブレーキやスタンドが自転車と同様についています。
D-BIKE に乗るようになってからは買い物や散歩の時によく乗るようになりました。
車で出掛けるというのに、「車まで自転車で行きたい」と息子がゴネる光景は毎度のことww

D-BIKE に慣れてくると、スピードが出てる時は両足を地面から離して遊ぶようになりました。
『バランス取れてるし、これもう自転車いけるんじゃないか』と、夫婦で思いました。
たぶんこれが余裕でできるようになってきたら、自転車に移行して良いサインです。

実際その通りでした。

少し経ってから、交通公園で補助輪なしの自転車に乗せたら、ほぼ一発で乗れてました。
この時のコツは後ろから支えてあげて、ボーリングの玉を投げるイメージで押してあげる感じです。発進はグラグラして怖がるので、発進はパスしてまず漕ぐことから覚えてもらいました。

D-BIKE でバランス感覚が既に身に付いてるので、
「ペダル漕いで!」って言えば漕ぐし、当たり前のように進むんです。
交通公園で周囲を見ると、ある程度大きくなってから練習すると、自転車も大きいので転んだ時のダメージも大きそうで大変そうだと感じました。

ある程度漕げる様になると自分から発進しようとするので 、親も楽ですww
ランニングバイク、お勧めですよ!

いくつか紹介しておきますね。

【送料無料】アイデス(ides) ディーバイク キックス D-Bike KIX シアン 【自転車 ペダルレスバイク キッズ 乗り物 子供】

価格:11,403円
(2017/12/27 22:29時点)
感想(0件)

【送料無料】アイデス(ides) ディーバイク キックス D-Bike KIX ブラック 【自転車 ペダルレスバイク キッズ 乗り物 子供】

価格:11,403円
(2017/12/27 22:33時点)
感想(0件)




コメントを残す