NHKのドラマ10。女子的生活。第一話を観ました。
面白かったので、今後も観ていこうと思ってます。全4話なので、ダレなくて良さそう。
毎週金曜、夜10時ですよ~。

主人公のみきはトランスジェンダー。性別は男性なんですが、見た目や心は女性。でも男性に興味はなく、好きになるのは女性。こりゃ大変だ。劇中、みきが「好きになった人と結婚したいと思ったって、それが実現できる確率なんて何パーセントだと思ってんの?」的なことを言ったり、「自分がいつまでも女性らしい容姿でいられるかもわからない。わからないことだらけ」みたいなことを言うんですけど、悩みが凄くリアルで切実さが伝わってきましたよ。

みきを演じるのは志尊淳。すごく良かった。凄くキャラにリアリティがあるんですよ。自分はトランスジェンダーの方と接したことってないのですが、「きっとこういう感じなのかなぁ」って思えちゃいますからね。役者にとっては最高の誉め言葉かもしれませんね。

彼はトッキュウジャーのトッキュウ1号でしたね。息子がいて楽しくなったことは、戦隊ものに出演してた俳優のその後の成長が楽しめるってのがあります。子どもがいなけりゃ観ませんからね、戦隊もの。

ちなみにこのドラマ、トランスジェンダー指導で西原さつきさんという方がクレジットされていました。みきのリアリティはこの方の指導があるからこそでしょうね。公式ウェブサイトに載っている彼女のコメントが素敵です。みきには西岡さんの想いも詰まっているんだろうなぁ。

女子的生活公式ウェブサイト

 

参考記事

BuzzFeed news

ググったら西岡さんの記事が出てきました。トランスジェンダーでも色々なタイプがあるんですね。勉強になります。

 

 

 




コメントを残す