親子で毎朝サッカーの練習を始めた




ジェフのスクールに入る前、地域のサッカークラブに何度か体験で行ってみました。しかし小学生のお兄ちゃん達と一緒に練習したので、息子は何度か泣いてしまいました。難しくて不貞腐れたり、転んだり、接触プレーで泣いたり。
 
体験の日の夜、家でボールタッチのちょっとした練習をさせてみたのですが、そこでも「できない!」といってまたギャン泣き。。その時は「始めは誰だってできないんだよ。練習するとできるようになるんだよ」と伝えました。
 
翌日の朝。いつもの平日。朝に皆で出発する前、息子が戦隊のテレビを見てる時に、
「サッカーでもやんない?」
と誘ってみたら、「やる!」と、乗って来てくれました。
 
気持ちがしなやかというか、翌日になるとすっかり機嫌が直っているのが、息子の良い所。大人になると、なかなかこうは素直になれない。
 
簡単なボールタッチの練習と、1対1のゲーム。時間は出発前の10分程度でしたが、息子もとても楽しそう。翌日の朝も誘ってみると、やはり「やる!」と。すると、2日前や1日前よりも、同じことがスムーズにできるようになっているんです。子どもの吸収力って凄い。そのことを褒め、認めてあげると、息子も嬉しいようでした。
 
その日から出来る限り毎朝10分、息子と一緒に取り組んでいます。人の行動は3週間継続すると習慣化できるそうです。
 
息子は早生まれからか、『周りの子はできるけど、自分はできない』という思いを結構しているように感じています。なので「練習したらできないことができるようになった!」と、成功体験を積めるようフォローしていきたいです。
 
今度は朝トレのメニューや参考にしている本についてアップしていきます。
  

参考記事

様々の情報を発信します! 「早生まれの不利はいつまで?学力やスポーツへの影響は?」

こちらの記事を読むと、早生まれでもそんなに気にしないでいいような気がして勇気が沸きます。2014年のW杯出場選手の生まれつきでは上位3位が、早生まれだったというのは驚き。
 

日本の少年サッカー(4種)への提言!「早生まれのサッカー少年が意識すべきことと4月生まれが意識すべきこと」

“早生まれの子は、諦めずに自信を持って欲しいです。
両親は、早生まれだと選抜されにくいが、後から伸びると伝えて欲しいです。”
というのはとても参考になりました。




コメントを残す