【はらだみずき著】「サッカーボーイズ 雨上がりのグランド」の感想




さて、前回は小学生編でしたが、今回は中学1年生になった遼介達の話。今回はレフティーの和樹と良、そして遼介のそれぞれの家庭環境に焦点が当たっていきます。小学校の時は同じ桜ケ丘FCのメンバーとして一緒にサッカーをしていたのですが、中学生になり、少しずつそれぞれの人生に枝分かれしてきます。

和樹

彼の場合は父と二人暮らし。お父さんは失業中。お母さんは妹を連れて出ていった。中学一年生にしてハードモードの人生を歩んでいるんです。髪を逆立てたり、試合中に相手選手と喧嘩をしたり。でも遼介には心を開いているところがあるんですよね。

3年生との引退試合は彼も出るような流れだったので、出場して活躍して欲しかったのです。

この良というのもなかなか魅力的なやつなんですよね。小学生時代から遼介の良きライバル。孤高なキャラです。中学生編ではJリーグクラブのアカデミーに所属しています。日本代表の長友選手は中学生に上がる時に愛媛FCのアカデミーを落ちて中学の部活に入っているので、良の方がエリート街道を歩んでいるということになります。しかし膝の成長痛やオーバートレーニング症候群も抱えていて、結局良はアカデミーで上の学年に上がることはできませんでした。

彼は母子家庭育ちで、子どもの頃からボールが友達みたいな設定。ちなみに今の日本代表では長友や中島が母子家庭育ちですね。それぞれ記事があるのでどうぞ。長友の記事中島の記事

3年生との引退試合で、後半から負傷した選手に代わって飛び込みで良が入ってくる時は痺れました。ダブルリョウのホットラインで決勝点をあげるくだりはアツいです。このダブルリョウの感じが、キャプテン翼でいう「翼と岬」、ファンタジスタでいえば「てっぺいと沖田」(どちらかというとこっち)っぽくていいんですよ。友達っぽく仲良くしたりすることはないんだけど、プレーヤーとしてお互いリスペクトしていて、プレーで感じあえる。ベタベタした感じがないんです。

サッカーボーイズというのは、ここまで読んだ感じ、ダブルリョウの話なのかなと思ってます。

遼介

さて、1年生のキャプテンを務める遼介。小学生時代からまた一つ大人になっています。中一にしちゃ相当大人なキャラに仕上がっちゃってます。長谷部っぽいもんww

今回痺れた台詞は、アカデミーで上に上がれず途方に暮れた良とのシーン。「俺のサッカーは本気だったから」という良に対し、「今のお前のサッカーを俺は知らない。だけどな、おれはいつでも本気でやっている。俺たちのサッカーを見たこともないお前に何がわかる」というシーン。アツい!!カッコいい!!!中一っぽくないけどww

でも、中学の頃からこれだけ一生懸命になれるものを見つけられている遼介や良は幸せだよなって思います。

 

良が無事にサッカーにもう一度熱中できる場所に戻ってこれて、そこが遼介達と一緒のチームで良かったなと思いました。




コメントを残す