【ドラマ】隣の家族は青く見える




ども。コエドです。
「隣の家族は青く見える」というドラマを見ています。
 
このドラマ、不妊治療を題材にしたドラマなんです。
僕らも不妊治療経験者であり、現在二人目不妊で妻が通院しているので、主人公夫婦の気持ちがよくわかり、「わかるわぁ」と感情移入してしまします。
 
松山ケンイチと深田恭子の夫婦なんですが、まず旦那さんの、不妊治療に一緒に取り組んでいる感が凄く素敵なんですよね。たとえば、人口受精がうまくいかなかった後の夜、「今日ぐらいいいじゃないっすか。たまにはパーッといきましょう」と、お酒を奥さんに勧めるところとかよかったな。
 
奥さんの方は治療の為、病院に行く為に、仕事を色々あの手この手を使って休むんです。風邪とか法事とか。妻も全く同じ感じなんですよね。月に何度か休んだり、半休取っているので、会社での立場とか人間関係でもストレスが溜まると思います。
 
人口受精で結果がでないさなか、義理の妹が妊娠してそれを素直に喜んであげられない自分に自己嫌悪、みたいなシーンがあって。
「それが普通だよ。この状況で他人の妊娠を素直に喜べたら、そっちの方がバカだよ!」と旦那が励ますのですが、
「それならバカの方がいい。。」といって、奥さん泣いちゃうんですよ。
 
それくらい不妊治療って精神的に追い込まれるんですよね。凄くわかる。
 
ここからは僕たち夫婦の不妊治療の話。
 
先日、初めてシート法というものを試したら、妻に妊娠反応が薄く出た。でも日が経つにつれて段々薄くなってしまい、最終的にはダメでした。超初期流産ってやつらしい。妻は最初に検査キットで妊娠線が出た時に、薄かったので、僕には内緒にしてたと言っていました。僕が喜んでしまうからだ。
 
今回もダメだった。
妻は「消えたい」と言って落ち込んでいました。
 
僕はその連絡を仕事をしながら、妻からのラインで知りました。
帰りにハーゲンダッツのアイスを買って帰って、二人で食べました。
僕たちは嬉しい時も悲しい時も、何かあった時はアイスを二人で食べているので。
 
不妊治療、もっと技術が進化して、妊娠できる確率が上がっていけばいいのになぁ。
 
PS ドラマに「さくちゃん」という役で北村拓海という俳優が出てるのですが、彼ってDISHのメンバーなんですね。DISHがまだ売れる前、イオンのステージでライブをやっている彼らを見たことがあるので。ギターとかの楽器を持っているのに、あえて弾かないで歌うというパフォーマンスが衝撃でしたww 北村君、とっても良い感じです!
 
参考記事
隣の家族は青く見える公式サイト
 
こそだてハック 「化学流産とは?原因や症状は?妊娠超初期に起こるの?」
https://192abc.com/21392
 
MARCH 「受精卵が着床できずに起こる科学流産の原因・症状とその後の処置法」
 




コメントを残す