久しぶりの更新です。どもコエドです。

9月から脱サラします。今後はNPO活動のCAPプログラムの普及に力を入れていきたいなと。その為に個人事業主としてネットスーパーの配達業を行うことにしました。

今までは企業で正社員として働いていたのですが、CAPが年間1~2日程度しかできないということが大きなストレスでした。制度的には有休があるものの、社風もあり、毎月NPOの活動の為に有休を取得していくのは困難でした。そして「正社員として働くのと、CAPとの両立は無理」との結論に至りました。

また、昨年から営業職に異動になりましたが、これがまたストレスフルな仕事でして。これも今回の転職に踏み切れた要因の一つでした。40代になり、子どもも二人いる。その状態で安定した企業から脱サラして、個人事業主とNPOのダブルワークの道に挑むというのはなかなかできることではないですよね。

脱サラする時にまず考えた2つのデメリット

個人事業主になるデメリットは大きく二つありました。
・国民年金になること。
・会社の保険が使えなくなること。

厚生年金から国民年金になるのは老後の年金に差が出てくるので不安でした。

また会社の保険が使えなくなるのも実は痛いんですよ。『国民健康保険に切り替えればいいんでしょ』くらいに思っていたんですけど、実は会社の保険って保険料を半分会社が払ってくれてたんですよね。だから国民健康保険に切り替えるということは、保険料が倍になるということなんです。きびしー!!ちなみに会社の保険は2年間は任意で継続可能ですが、この場合も保険料は倍になります。詳しく知りたい方はこちら。

ここで一つ考えるべき点は、国民健康保険に切り替えるか、会社の保険を任意継続するか、という点。僕の場合は市役所に電話して、国民健康保険の保険料を確認しました。その結果自分一人だと30714円。子ども二人を加えると、35000円でした。今の会社の保険を倍にすると、29374円。比較すると任意継続した方が安いので、僕は任意継続を選びました。

脱サラして自営になるということは、年金の受給額が減り、毎月の出費も増えるということ。また僕の場合は脱サラして、儲かる事業をするというわけではなく、個人事業主として軽貨物ドライバーとNPO活動をやるわけですから、毎月の給料も下がるわけです。ようは経済的にカツカツになるわけです。。

それでも脱サラに踏み切った理由

理由は2つ。1つは今の会社で興味があることはやり尽くしたから。もう一つは自身の性格からくる信条のようなもので、「やりたいことはやる」というものです。挑戦したいことを、もっともらしい理由を並べて諦めるのは性に合わないんです。

僕は自分が現役の父親であるこの時期に、CAPスペシャリストとして活動をしていきたい。CAPは子育てを終えた女性が中心になっているんだけど、男性の参加がもっと必要と感じています。だけど男性は多くの人が仕事で手一杯なのが現実であり、NPOの活動に費やす余裕なんてない。だから男性が参加するとしても、お金に余裕がある人とか、定年後の方とかになってしまう。
こういう状況をなんとか変えていきたい。前例がないなら自分が道を切り開いてやろうって。

やりたいことをやれるところまでやってみたい。「お父さんは人生楽しんでたなぁ」と子ども達に思われるような、そんな父親でありたいなと。
40歳は不惑といいます。人生の方向性が定まるということ。
僕がこれからやりたいことは、CAPを普及させていくこと。もうこれだけ。

なので、今回の転職活動は、「自分がCAPに携わっていくにはどうしたらよいか」という逆算が柱となっていました。その答えが個人事業主として軽貨物ドライバーをする、というものでした。

個人事業主を選んだ理由

軽貨物ドライバーという仕事は、前職の経験から自分は配達は好きだったからなのですが、個人事業主という立場には拘りました。

今回の転職活動の際は、僕のCAPに対する想いに共感して下さる方もいらっしゃって、「ウチの社員になるってのはどう?」と言ってもらえたことがありましたが、そこは丁重にお断りしました。
社員になっちゃうと、NPO活動であるCAPをやる為には有休を使うことになります。でも実際自由に有休が使える会社って、そんな多くはないですよね。少なくとも僕の今までの人生経験ではそう思いますし、今の会社も有休取得は難しかったです。

その点、個人事業主は会社と対等な関係で契約を結ぶわけです。言うなれば自分が社長です。なので今回も転職活動の時に「土日は休みたい。更に祝日を含め、月に1~2日はNPO活動の為、仕事はお休みさせて頂きたいです。」と、コンタクトを取った全ての会社に伝えました。自分の働き方に対して納得してくれる会社と契約をする、というスタンスが取れました。

契約する会社、最後に決め手となったのは…

 今回の転職活動はマイナビバイト、インディード、エン転職を中心に使い、7社とコンタクトを取り、2社と面接をし、最終的に個人事業主として契約する会社を決めました。決め手は社長さんがCAPに対して興味を持ってくれ、僕に対してとても親身になってくれたからです。もちろん勤務地や仕事内容、条件面も含めてトータルに考えましたが、やっぱり親身になってもらった安心感はありました。




コメントを残す